芸能人愛用のカラコンの口コミをチェック

低含水率と高含水率のカラコンのそれぞれの特徴

カラコンを購入する時に含水率という言葉をよく聞きますが、どのような意味なのか分からない人も少なくないでしょう。 カラコンの含水率とはレンズの中に含まれている水分の割合の事で実際にカラコンを選ぶ時に重要なポイントになってきます。

カラコンの含水率は38%前後が多いので38%以下だと低含水率、50%以上になると高含水率と言われています。 低含水率と高含水率のカラコンもそれぞれ特徴があるので基礎知識としてしっかり把握しておく必要があります。 そこで低含水率と高含水率のカラコンのそれぞれの特徴を見ていく事にしましょう。

低含水率のカラコンは目が乾きやすい人に適している

カラコンの含水率は38%前後が多く低含水率のカラコンを装着するのが一般的と言われています。

低含水率のカラコンはレンズに含まれている水分の割合が少ないので蒸発してしまう事がほとんどなく長時間潤いが続くのが特徴です。 それによりカラコンが乾いてしまう事が少ないので目が乾きやすい人が装着するのに適しているカラコンと言えます。 特に涙が出るのが少ない人は目が乾いてしまう事も多いので低含水率のカラコンを装着するのがオススメです。 目に装着した時のフィット感が少なく違和感を感じる事もほとんどないので安全性も高いです。

高含水率のカラコンは目に馴染みやすいけどドライアイの人は注意が必要

含水率が50%以上でレンズに含まれている水分の割合が多いカラコンを高含水率と言われています。 高含水率のカラコンはレンズに含まれている水分の割合が多いので目に馴染みやすいのが特徴です。 低含水率のカラコンだと装着し始めた時に違和感を感じる事がありますが、高含水率のカラコンは装着し始めた時でも違和感を感じる事がほとんどないので神経質の人は特にメリットになります。

しかし涙が出る量が少なくてドライアイの症状が出てしまう人は高含水率のカラコンを装着する時に注意が必要です。 ドライアイの症状が出ている時に高含水率のカラコンを装着していると目が乾きやすくなって取り外しが出来なくなってしまう可能性があります。 ドライアイの症状が出る人は低含水率のカラコンを装着した方がいいでしょう。

(参考文献:カラコン通販『クイーンアイズ』

基礎知識

おすすめカラコン